ハワイでお得にスマホを使いたい人が準備すべきもの

ハワイでお得にスマホを使いたい人が準備すべきもの

今回ご紹介するハワイ旅行へのお役立ちグッズは、SIMフリースマホのZen Fone2とハワイで使えるプリペイドSIMのReady SIM(2016年4月8日現在、サービス名がZIP SIMに変更されました)です。

今回のお役立ちグッズ

オススメしたい人とその理由

これらをオススメしたい人は、次のようなタイプ人です。

オススメしたい人

  • ソフトバンクのアメリカ放題が使えない人
  • SIMフリースマホを持ってないけど、ハワイでお得にスマホを使いたい人
  • ホノルル空港についてすぐスマホを使いたい人

オススメする理由

  • 日本のキャリアの国際ローミングの料金が高いから。
  • SIMフリースマホとプリペイドSIMの組み合わせで、ハワイでお得にネットや電話を使えるようになるから。

より詳しい説明

ハワイで、ソフトバンクのアメリカ放題でスマホを利用できる人以外は、ハワイ旅行中にスマホを快適に利用するための何らかの準備が必要になります。

と言うのも。ハワイで、日本の大手キャリアの国際ローミングを利用して、日本と同じようにスマホを使っていると、高額の通信料が発生するからです。

この記事を書いている現在では、docomoの「海外パケ・ホーダイ」のように、その利用料金の上限が定まっています。ですが、その上限が高く正直なところお得ではないんですね。

また、docomoには、「海外1dayパケ」と言う1日単位で安めの料金プランもあります。ですが、このプランは、正直なところ、ネットをよく使う人には満足のいかないものです。なぜならこのプランでは、一定のデータの通信料を超えると、その接続速度が遅くなるからです。そして、その制限がかかるデータ量の上限が少なすぎるんですね。

加えて、その1日単位の安めの料金プランであっても、今回ご紹介するプリペイドSIMのReady SIMと比較すると、高くなってしまうんですね。

Ready SIMですが、ハワイで使えるプリペイドSIMで、T-MobileのMVNOとしてサービスです。Ready SIMのアクティベーションの仕方はとても簡単で、ホノルル空港についてすぐに、利用し始めることができます。

ホノルル空港ですが、到着してすぐにプリペイドSIMを買うことができません。なので、ハワイに到着してすぐにスマホを使いたい場合は、日本において、ハワイで使えるプリペイドSIMを用意する必要があるんですね。で、このReady SIMは、日本で手に入れやすいSIMなんです。

さて。Ready SIMですが、そのプランによって、通信できるデータ容量の上限が異なります。1週間程度のハワイ旅行であれば、1GBのプランもあれば、十分すぎるくらいです。おそらく、500MBのプランで十分な人も多いでしょう。

で。このReady SIMを刺して利用するSIMフリースマホとして、オススメなのが、Zen Fone2 laserです。なぜかというと、このSIMフリースマホは、対応している電波の周波数の種類が多いからです。

このスマホを買うとまずまずの費用がかかりますが、次にハワイに行くときも使えます。また、対応している電波の周波数が多いので、違う国に海外旅行に行く時にも使える可能性が高いです。つまり、どこか海外旅行に行くたびに役立つわけです。

その将来性を見越して、1つSIMフリースマホがあっても損はないですよ。

今回のお役立ちグッズ

スポンサーリンク

関連コンテンツ

スポンサーリンク