ハワイ旅行にシュノーケルを持参した場合のメリット

ハワイ旅行にシュノーケルを持参した場合のメリット

今回ご紹介するハワイ旅行へのお役立ちグッズは、シュノーケルです。

今回のお役立ちグッズ

オススメしたい人とその理由

このシュノーケルをオススメしたい人は、次のようなタイプ人です。

オススメしたい人

  • ハワイでお得にシュノーケリングを楽しみたい人
  • レンタルのシュノーケルの衛生面が気になる人
  • ワイキキビーチで遊ぶ予定の人
  • 初めてシュノーケルを使う人

オススメする理由

  • ワイキキビーチで手軽にシュノーケリングを楽しめるから。
  • ぶっつけ本番となるレンタルと違い、自宅の風呂で練習できるから。
  • レンタル代があまりお得ではないから。

より詳しい説明

ハワイ旅行ですが、初めての人はワイキキに宿泊することが多いです。そして、実は、有名なワイキキビーチで、手軽に魚を鑑賞できるスポットがあるんですね。

もしかすると、この事実は、観光客向けにシュノーケル・ツアーを行っている業者の人たちは、知られたくないのかも知れません。それが知られると、わざわざ、ワイキキから離れたビーチに、シュノーケルをしに行く観光客がいなくなるからです。

というのは、冗談にしても。ハワイ旅行で、ワイキキに宿泊する場合、シュノーケルがあると手軽に魚鑑賞を楽しむことができます。具体的に、そのスポットですが、ワイキキビーチの南東の端となる、クヒオビーチパークの防波堤沿いとそのちょっと北側の防波堤があるエリアです。

この防波堤沿いには、結構様々な魚が棲み付いており、シュノーケルがあるとその魚たちを見ながらのシュノーケリングが楽しめるんですね。ワイキキに宿泊している場合、ワイキキビーチは、ホテルから水着のままアクセスできますので、本当に手軽に楽しめます。

また、自分のシュノーケルがあると、ハナウマ湾でシュノーケリングをするときに役立ちます。ハナウマ湾では、シュノーケルをレンタルすることができますが、それがあまりお得な料金ではないんですね。加えて、レンタルする場合、その衛生面が気になる人もいますよね。

一方で。水中眼鏡とパイプのシュノーケルのセットですが、ハワイ現地では簡単に買うことができます。なので、日本から持参しなくてもなんとかなります。

ですが、日本でシュノーケルを用意しておくと、次のようなメリットがあります。

メリット

自宅の風呂で、シュノーケルを使った呼吸の仕方の練習ができる

これまで、シュノーケルを使ったことがある人は別ですが、初めてシュノーケルを使う人は、結構戸惑うことがあります。特にパイプに水が入ってきたときの対応の仕方は、事前に練習しておいたほうが、絶対に良いです。

それをせずに、たとえばハナウマ湾でシュノーケルをレンタルし、いきなり挑戦すると、パニックになって溺れてしまうリスクがあります。そのため、日本で事前にシュノーケルを用意し、水が入ってきた場合の対応法も含めて、呼吸の仕方の練習をした上で、ハワイにのぞむわけですね。

今回のお役立ちグッズ

スポンサーリンク

関連コンテンツ

スポンサーリンク