ハワイでカーナビ代わりにスマホを使う時に必須となるもの

ハワイでカーナビ代わりにスマホを使う時に必須となるもの

今回ご紹介するハワイ旅行へのお役立ちグッズは、スマホ車載ホルダーです。

今回のお役立ちグッズ

オススメしたい人とその理由

このスマホ車載ホルダーをオススメしたい人は、次のようなタイプ人です。

オススメしたい人

  • ハワイ旅行中にレンタカーを借りる人
  • そのレンタカーでスマホをカーナビ代わりに使いたい人

オススメする理由

  • ハワイでもドライバーがスマホを見ながらの運転は違反だから。
  • スマホを見やすい位置に固定できて便利だから。

より詳しい説明

ハワイ旅行で、レンタカーを利用する時ですが、そのカーナビの準備の仕方に大きく2つの選択肢があります。

1つは、レンタカー会社のオプションでつけられるカーナビを利用する方法で、もう1つは、日本からスマホを持ち込んでそれをカーナビ代わりにする方法です。

で、レンタカー会社のオプションのカーナビですが、別料金となることが多く、また、結構古い機種だったりするんですね。また、Hertzレンタカーで借りた場合は、Never Lostと言う、地図が本当にシンプルに表示されるカーナビとなり、初めて使うと戸惑います。

一方、スマホをカーナビ代わりにすると、普段見慣れた地図アプリをカーナビ代わりにできる点でメリットがあります。たとえば、Googleマップのオフライン機能を使い、事前にハワイの地図データをダウンロードしておけば、ネットが使えないスマホであっても、簡単なカーナビ代わりにできます。

また、SIMフリースマホを持ち込んで、ハワイ現地で使えるプリペイドSIMを刺してネットを使える環境にできれば、スマホは古いカーナビよりはよっぽど使いやすいものとなります。

ただ、このようにスマホをカーナビ代わりにする時には注意点があります。それは、ハワイでも日本と同じように運転中にスマホを見る行為は違反となることです。なので、車載ホルダーを用意して、見やすい位置にスマホを固定しておく必要があるんですね。

また、今回ご紹介している吸盤式で取り外しやすい車載ホルダーは、ハワイではより便利です。その理由ですが、ハワイは日差しが強いからです。たとえば、駐車場に車を駐めっぱなしにすると、車載ホルダーが熱でおかしくなるリスクがあるんですね。

加えて、ハワイは日本と比較し車上荒らしに遭いやすいことも、取り外しやすさが重要になってくる理由となります。ハワイですが、金目のものではない本当につまらないもの(たとえば使い古しのサンダル)であっても、車内の見えるところに置くと車上荒らしに狙われるリスクが高くなります。

なので、駐車する時は、スマホ載せていない車載ホルダーであっても、外していたほうがよいんですね。なので、外しやすさが重要になるのです。

今回のお役立ちグッズ

スポンサーリンク

関連コンテンツ

スポンサーリンク