ハワイでのレンタカーの車内に準備しておくべきグッズ

ハワイでのレンタカーの車内に準備しておくべきグッズ

今回ご紹介するハワイ旅行へのお役立ちグッズは、シガーソケットチャージャーです。

今回のお役立ちグッズ

オススメしたい人とその理由

このシガーソケットチャージャーをオススメしたい人は、次のようなタイプ人です。

オススメしたい人

  • ハワイでレンタカーを借りる人
  • その車内でスマホをカーナビ代わりにする人
  • カーナビ以外でもスマホを多用する人

オススメする理由

  • スマホをカーナビ代わりにするとスマホのバッテリーの減りが早いから。
  • 車内でスマホを充電でき便利だから。

より詳しい説明

ハワイ旅行中にレンタカーを借りる人は、USBポートを持ったシガーソケットチャージャーを用意しておくと役立ちます。

その理由ですが、車内でスマホやタブレットの充電をできるようになるからです。なので、携帯モバイルバッテリーを別に用意しなくて済み便利なんですね。

また、レンタカーでカーナビ代わりにスマホを使う場合。地図アプリを利用し、GPSをフル稼働させていると、スマホのバッテリーがすぐになくなってしまうんですね。

なので、スマホをカーナビ代わりにする場合は、シガーソケットチャージャーとセットで使うのが必須となります。もちろん、シガーソケットチャージャーからスマホに充電するためのUSBケーブルも必要となりますよ。

ちなみに。この時のUSBケーブルですが、長めのものを準備しておいたほうが安心です。なぜかというと、カーナビ代わりに使うスマホを固定できる位置が、実際に車をレンタルするまではわからないからです。

たとえば、スマホ車載ホルダーを、フロントガラスの上のほうにしかつけられなかった場合、シガーソケットチャージャーのUSBポートから、結構距離ができてしまうことがあるんですね。このとき、短いUSBケーブルを使っていると、「くっ、届かない」と言う思いをすることになります。

また最近は、旅行にデジカメを用意せず、スマホで済ませてしまう人も多いですよね。一方、ハワイ旅行でレンタカーを借り、観光をしていると、写真を撮りたくなる景色がたくさん出てきます。

つまり、写真の撮りすぎで、バッテリーの減りが早くなりがちなんですね。それ以外にも、車内のBGMを、スマホを音源にしていた場合も、バッテリーが早く減ってしまいますね。

このようなときにも、車内のシガーソケットチャージャーで、いつでもスマホを充電できる環境があると役立ちます。

ちなみに今回ご紹介のシガーソケットチャージャーですが、電圧が12Vと24Vに対応している点が良いです。と言うのも。一般的にシガーソケットチャージャーの電圧は12Vなのですが、万が一24Vの車をレンタルした場合でも対応できるからです。

今回のお役立ちグッズ

スポンサーリンク

関連コンテンツ

スポンサーリンク