Waikīkīのkīをどう発音するのか知りたい人が読むべき本

Waikīkīのkīをどう発音するのか知りたい人が読むべき本

今回ご紹介するハワイ旅行へのお役立ちグッズは、木村由香氏が書いた『はじめてのハワイ語』です。

今回のお役立ちグッズ

オススメしたい人とその理由

この『はじめてのハワイ語』をオススメしたい人は、次のようなタイプ人です。

オススメしたい人

  • ハワイの文化・歴史をより深く学びたい人
  • Waikīkīの「kī」のiがīと表記される理由を知りたい人
  • Aloha ‘oeの「’」が何なのか、どう発音するのか知りたい人

オススメする理由

  • ハワイ語を軸にハワイの文化と歴史を学べるから。

より詳しい説明

ハワイ州ですが、アメリカの州の中で唯一、先住民の言葉であるハワイ語が公用語として認められている州なんですね。

なので、ハワイ旅行中では、様々なところでハワイ語を聞いたり、見たりすることになります。

たとえばですが、日本からハワイに到着したホノルル空港において。次のようなハワイ語を目にすることになります。

‘Ano ai me ke aloha

ハワイ旅行中に、このようにハワイ語に出会った時に、その意味がわかると、ハワイ旅行がより意義深いものになります。

また。ハワイの地名ですが、ハワイ語の地名がたくさん残っているんですね。たとえば有名なワイキキもハワイ語で「水が吹き出す」と言う意味があり、ハワイ語の表記では、「Waikīkī」となります。

で、この「Waikīkī」の「kī」ですが、よく見ると、単純な「i」じゃないんですね。「i」ではなく、頭の点が、横に長い棒の「ī」となっているわけです。

このように表現しているのには理由があって、「Waikīkī」は、ハワイ語で正しくは「ワイキキ」と発音しないんですね。

ほか、ハワイには、「アロハ・オエ」という歌があることをご存知の方も多いと思うのですが、これは「Aloha ‘oe」と表記するんですね。で、oeの前には「’」が付いているのですが、これにも理由があります。

で、その理由ですが・・・、それを知りたい人に、『はじめてのハワイ語』がオススメです。この本では、ハワイ語を日本語と比較しながら、わかりやすく解説されています。上述の「ī」や「’」についてはもちろん、もう少し踏み込んだハワイ語の文法についても、可愛らしいイラスト付きで解説がされています。

加えて。この本には、ハワイ語のネイティブスピーカーによる発音の音声が付いているんですね。なので、文字からは分かりにくい具体的な発音も確認することができます。

さらに。この本では、ハワイ語の歴史や文化についても、ところどころで紹介されています。それらは、著者が10年間ハワイで生活した中で学んだもので、ハワイの歴史や文化に興味がある人には、とても参考になります。

今回のお役立ちグッズ

スポンサーリンク

関連コンテンツ

スポンサーリンク