ハワイ旅行にスーツケースベルトを利用するメリット

ハワイ旅行にスーツケースベルトを利用するメリット

今回ご紹介するハワイ旅行へのお役立ちグッズは、スーツケースベルトです。

今回のお役立ちグッズ

オススメしたい人とその理由

このスーツケースベルトをオススメしたい人は、次のようなタイプの人です。

オススメしたい人

  • 被りやすい色のスーツケースを使っている人
  • 特に黒い色のスーツケースを使っている人

オススメする理由

  • 手荷物受取時に自分のスーツケースとわかりやすくなるから。
  • ケースが間違って開くことを防げるから。
  • 防犯効果があるから。

より詳しい説明

ハワイ旅行に使うスーツケースに、このスーツケースベルトを使うと、いくつかメリットがあります。

最初のメリットとして挙げられるのは、空港に到着した後の手荷物受取時に自分のスーツケースが目立つことです。この空港の手荷物受取ですが、たくさんのスーツケースがでてくるため、中には自分と同じようなケースと使っている人もいるんですね。

特に、TUMIのスーツケースに代表される、黒い色のソフトなスーツケースは、本当にたくさん使っている人が多いです。なので。そのようなケースを使っていると、手荷物受取で、自分の荷物を待っている時に「あっ、自分の!?・・・やっぱり違った。」と言う思いをすることが、何度もあります。

そのような時に。このスーツケースベルトをしていると、すぐに「自分のだ!」とわかって便利なんですね。

また、ハワイ旅行において、スーツケースベルトを使うことは、他のメリットもあります。それは、防犯効果です。

今現在、ハワイも含めアメリカへの旅行には、それがTSAロックであっても、「鍵をかけないようにしてください」と勧められることになります。これは、命令ではないので、鍵をかけることもできますが、その場合、TSAロックであっても鍵が壊されることがあるんですね。

なので、ハワイ旅行ではスーツケースには、鍵をかけないで預ける方が、一般的になっています。そして鍵をかけない結果、預けたスーツケースが運ばれる過程で、間違って開いてしまうことがあるんですね。スーツケースベルトをしていると、そのような事態を防ぐことができます。

そして、そのように間違って開くことを防げる効果に加えて、スーツケースベルトには防犯効果があるわけです。具体的には、空港関係者による盗難に対しての防犯効果です。

アメリカの空港では、空港関係者が、預けた荷物の中身を盗難することが問題となっています。で、上で述べた通り鍵をかけないことが一般的ですし、鍵をかけたとしてもそれを開ける権限がある職員がすることなので、防ぎようがないんですね。

なので、せめてスーツケースベルトをすることで、空港の職員に「このケースは開けにくい」と思わせる効果を期待しているわけです。ただ、そもそもですが、スーツケース内に貴重品を入れない、と言うのが防犯効果として一番です。

今回のお役立ちグッズ

スポンサーリンク

関連コンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

スポンサーリンク