ハワイ旅行に予備のボストンバッグを持ち込むときにあると便利なグッズ

ハワイ旅行に予備のボストンバッグを持ち込むときにあると便利なグッズ

今回ご紹介するハワイ旅行へのお役立ちグッズは、バッグをとめるベルトです。

今回のお役立ちグッズ

オススメしたい人とその理由

このバッグをとめるベルトをオススメしたい人は、次のようなタイプ人です。

オススメしたい人

  • スーツケースとは別に予備のボストンバッグを持って行く人

オススメする理由

  • ボストンバッグの持ち運びがとても楽になるから。

より詳しい説明

ハワイ旅行で、たくさん買い物する人は、予備のバッグとして、空のボストンバッグを日本から持参しておくと役立ちます。というのも、日本への帰り便で、その荷物をホノルル空港で預ける際に、重量オーバーした荷物を小分けにすることができるからです。

荷物1個の重量オーバーは追加料金が発生します。ですが、それを2つの荷物に分けて、それぞれの重量を無料の範囲に収めることで、追加料金なしで荷物を預けられる航空会社が意外とあるんですね。

で、そうした場合。つまり、帰りには、行きには空だったボストンバッグに荷物を詰め込んだ状態で持ち運ぶことになります。

そのような時に、役立つのが今回ご紹介のバッグをとめるベルトです。このベルトですが、スーツケースの伸ばした取っ手の部分に、引っかけて使う伸縮性のあるベルトとなっています。片側の輪っかをまず取っ手にかけて、それにボストンバッグをベルトで包むようにし、もう逆サイドの輪っかもかけて固定します。

ベルトのゴムはかなり強力なものとなっており、ボストンバッグが多少重くてもズレ落ちるようなことがなくなります。そのためスーツケースと一緒にボストンバッグを押して運べるようになるわけです。

結果として、荷物を詰めた重いボストンバッグを持ち歩かずに済み助かります。

ただスーツケースによっては、このベルトの簡易的な機能のベルトが付いているものもあります。ですが、別途このベルトを購入することをお勧めします。

というのも、スーツケースに備え付いた簡易ベルトでは、ちょっと荷物を詰めたようなボストンバッグさえ固定するのが難しいからです。ちょっと急な方向転換をしただけで、ボストンバッグがずり落ちてしまうんですね。

今回ご紹介のベルトは、ベルト自身の長さ調整ができ、最適に調整した長さで固定すると、ボストンバッグがズレ落ちる不安を感じることはまずありません。ハワイ旅行に予備のボストンバッグを持参する人は、同時にあると本当に役立つグッズですよ。

今回のお役立ちグッズ

スポンサーリンク

関連コンテンツ

スポンサーリンク